企業法務の必要性

企業法務とは、会社を経営する上での法的な業務全般を指します。
具体的には、契約書の作成、不動産業務、株式業務、株主総会の対応、内部統制、リスクマネジメント、知的財産の管理などに関する法律相談を行います。
大企業では法務担当者を雇っているところもありますが、中小企業だと、法務のためだけに人を雇うのは難しい場合があります。
その場合は、顧問弁護士を雇う方がいいかもしれません。
顧問弁護士なら、月ごとの契約をすればよく、必要なときだけやってもらいたい業務だけ依頼することができます。

顧問弁護士を依頼するタイミングですが、多くの企業は、何か法的なトラブルが起こったときにあわてて弁護士を探すということになるのではないでしょうか。
それでは遅いことが考えられます。
訴訟などは、そう頻繁に起こるものではありませんが、従業員の解雇問題でもめることなどもありそうです。
普段から弁護士を頼んでおけば、契約書をチェックしてもらえますし、取引先からの入金が遅れた場合などに、迅速な債権回収が行われます。
法的なアドバイスを受けることができるので心強いでしょう。

弁護士の専門が分かれているので、顧問弁護士を依頼する際には、企業法務に強い弁護士事務所をお選びください。
交通事故専門の弁護士や離婚弁護士など、弁護士によって得意不得意な分野があります。
企業法務を多く扱ってきた弁護士事務所の中から優秀な弁護士を、それまでの実績を確認の上でご依頼ください。